オリジナルTシャツのサイズについて

オリジナルTシャツを作成する場合、セルフでは
特にサイズを気にする必要はありません。

プリント部分がTシャツからはみ出さないようにすれば
大きさに制限は無く、どんなオリジナルTシャツでも
作成することができます。

大きさ

業者に依頼する場合も、多くの業者ではほとんどの
大きさに対応しているため、対応できるデザインであれば
カラーも含めて制約を受けることはありません。

一般的なサイズ表示は、一番小さなもので100、
一番大きなものでXXLとなっていますが、業者によっては
更に広い範囲で対応していることもあります。

100は子供用で、身長が1メートル程度の子供が
丁度良い大きさとなっています。
寸法目安は着丈が約40cm、肩幅が約27cmです。

サイズ

身長を目安とした表記は160までが一般的で、
それ以上のものはS、M、L、XL、XXLで表示されます。

標準サイズのMでは着丈が70cm程度、肩幅が
47cm程度となっているほか、XXLは着丈が
約82cm、肩幅が約56cmですが、これらの寸法は
メーカーによっても若干異なります。

オリジナルTシャツにかかるスピード

安価で

オリジナルTシャツというものは、やっぱり
プリントをして世界に1つだけしかない
Tシャツを作ることです。

といっても自宅などに特殊な専用器具を用意して
作るのではなく、最近はインターネットで
依頼をするだけで簡単かつハイスピードで
しかも安価でプリントしてくれます。

オリジナルTシャツは既存のキャラクター画像などを
使ってプリントすると著作権侵害にあたりますので、
フリー素材のデザインテンプレートで枠を
作っていくことで、簡単に素人でも
デザインをすることができます。

見比べる

これらはそれぞれのサイトで多くのデザインが
用意されているので、自分で調べる必要はありません。

そして出来上がりまでも早く、仕上げまでに
1週間以内、所によっては3日以内や
即日配達といったものまであります。

値段もリーズナブルになっていて、利用しやすい
作りになっています。
Tシャツプリントのサイトによってデザインは
大きく異なり、値段も変わってくるため
色々なサイトを実際に自分の目で見て
判断すると良いと思います。

ネット販売するノウハウ

オリジナルTシャツを作って、いざ販売する時に
どのようなルートで販売していくのかを
考えなければいけません。

オリジナルTシャツは、商業施設などで販売されている
Tシャツとは違って、制作者のオリジナルのデザインを
採用して作られています。

知る

ネット販売をする時には、ショップでどのような物を
販売しているのかが分かるように、レイアウトを
構築していく必要があります。

また、多くのアクセスを集めなければ、商品を
消費者に知ってもらう事が出来ませんので、
SEO対策をしておく事で検索エンジンでの
検索結果ページの上位に表示する事が可能になり、
アクセスを集めやすくなります。

ネット販売では、決済手段が豊富であれば、
顧客の利便性を高められるでしょう。

考える

クレジット決済や銀行振込などを活用すれば、
多くの人々がオンラインショップで購入した
商品の代金を支払いやすくなります。

オリジナルTシャツをネット販売する利点は、
実店舗を持つ必要がありませんので、
初期費用を最小限に抑えられる事です。

Tシャツプリントの魅力について

魅力

Tシャツプリントの魅力は何といってもまず、
自分の好きなオリジナルのデザインのTシャツを
作ることができるという点です。

お店で売っているTシャツのデザインは
どれもが洗練されたものばかりではなく、
たまにラクガキのようなゆるい絵柄が
あしらってあるものもあります。

「自分でも作れそうだ」と思ったことがある人も
少なくないのではないでしょうか。

活躍する

自分でTシャツプリントを行えば
世界でひとつだけのTシャツを
作ることができるのです。

自分の個性を周囲にアピールすることもできます。
また集団で団結を高めたい時にも、
皆で同じデザインのものを着ると士気も上がります。

時間が過ぎれば良い思い出の品としても残ります。
イベントや大会の時などにチームの結束を
固めることにも一役買ってくれます。

Tシャツは部屋着としても私服としても
様々なところで活躍してくれますし、
それがオリジナルのデザインのものであれば、
なおさらたくさん着たくなってしまいそうです。