法人にもおすめのオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツは、販売目的や個人がお洒落の幅を広げるといった用途で
よく作られますが、法人での用途にも適しています。

企業では、新商品や新サービスを消費者に広く知ってもらう為に、
イベントやキャンペーンといった販促活動をよく行います。

この時に、企業名や商品名をプリントしたスタッフ用のTシャツがあれば、
宣伝を行いやすくなります。

法人での用途でオリジナルTシャツを制作する事によって、
コストを抑えながら、販促活動に役立てる事が可能です。

法人用途でオリジナルTシャツを使う場合には、
専門の制作会社に依頼するのが良いでしょう。

制作会社では、様々な生地のTシャツを用意しており、
サイズやカラーリングも豊富に揃っています。

依頼する企業は、予め、入稿用のデザインデータを作成して、
業者指定のフォーマットで入稿します。

制作会社は、このデザインデータをベースにして、
Tシャツを制作する事になります。

依頼する企業にとって必要な内容を盛り込めるのが利点です。

オリジナルTシャツにかかるスピード

オリジナルTシャツというものは、やっぱりプリントをして世界に1つだけしかないTシャツを作ることです。

といっても自宅などに特殊な専用器具を用意して作るのではなく、最近はインターネットで依頼をするだけで簡単かつハイスピードでしかも安価でプリントしてくれます。

オリジナルTシャツは既存のキャラクター画像などを使ってプリントすると著作権侵害にあたりますので、フリー素材のデザインテンプレートで枠を作っていくことで簡単に素人でもデザインをすることができます。

これらはそれぞれのサイトで多くのデザインが用意されているので自分で調べる必要はありません。

そして出来上がりまでも早く、仕上げまでに1週間以内、所によっては3日以内や即日配達といったものまであります。

値段もリーズナブルになっていて、利用しやすい作りになっています。
Tシャツプリントのサイトによってデザインは大きく異なり、値段も変わってくるため色々なサイトを実際に自分の目で見て判断すると良いと思います。

オリジナルTシャツのサイズについて

オリジナルTシャツを作成する場合、セルフでは特にサイズを気にする必要はありません。

プリント部分がTシャツからはみ出さないようにすれば大きさに制限は無く、どんなオリジナルTシャツでも作成することができます。
業者に依頼する場合も、多くの業者ではほとんどの大きさに対応しているため、対応できるデザインであれば、カラーも含めて制約を受けることはありません。

一般的なサイズ表示は、一番小さなもので100、一番大きなものでXXLとなっていますが、業者によっては更に広い範囲で対応していることもあります。
100は子供用で、身長が1メートル程度の子供が丁度良い大きさとなっています。
寸法目安は着丈が約40cm、肩幅が約27cmです。

身長を目安とした表記は160までが一般的で、それ以上のものはS、M、L、XL、XXLで表示されます。

標準サイズのMでは着丈が70cm程度、肩幅が47cm程度となっているほか、XXLは着丈が約82cm、肩幅が約56cmですが、これらの寸法はメーカーによっても若干異なります。

オリジナルTシャツを作るのにかかる相場

どのようにオリジナルTシャツを作るかによっても変わりますが、それほど高額な費用は必要ないといえます。

相場としては千円以下が多いです。
ただ、枚数が増えれば一枚当たりの価格を下げることができます。

オリジナルTシャツを作るならば、自分で作ることもできますが業者に依頼するとよいです。

素材やプリントなどによっても変わりますので、見積もりをとるなどして費用を確認しておくことです。

オリジナルだから高くなることはありません。
少し工夫することで安くすることができます。

体を動かす時に使う場合であれば、できるだけ品質のいいものを利用すれば長く使うことができるので、節約になります。

イベントなどで一時的に使うのであれば、業者を比較して安いところを見つけることです。
目的によっても相場は変わってきますので、オリジナルTシャツを作る時は準備する時間を多く取っておけば問題ありません。

何度も作るものではないので、しっかりと相談するなどして記念になるものにしておくとよいです。